Blog

カテゴリー
看板ウォッチング
会社のイベント
社長のコラム
旧ブログ アーカイブ
最近の記事
北豊島工業高校生の職業体験2018.10.27
素焼きタイルのサイン2018.10.04
逆立ちの亀2018.08.29
苦肉の露出配管2018.08.23
デザイン発見の旅2018.07.29
サインではないお仕事2018.07.28
海外のピクトグラム2018.06.19
ネオンでオブジェ製作2018.05.23
東京エクセレンスを応援します!2018.05.01
ビームスアウトドアの看板2018.03.22
アーカイブ

RSS

DATE : 2018.10.27
CATEGORY :

北豊島工業高校生の職業体験

2018.10.27_1.jpg
職業体験先の企業として数年前から北豊島工業高校の生徒さんを受け入れています。
毎年3日間の体験期間なのですが、今年は総合技術科2年生のM君がやって来ました。
部活動ではサッカー部の副キャプテンを務める頼もしい生徒さん。
がっちりした体格ですが手先も器用で、シートサインの加工は直ぐに覚えてしまう程でした。

当社の仕事内容は毎日変わるので、体験プログラムは直前に決めています。
今年は現場工事の様子やネオン曲げ職人の技を見てもらいました。
社内ではLEDサインの配線なども体験してもらいました。
そしてこれはいつも体験してもらうのですが、シート切り文字によるサイン作りがあります。
今回はマグネットで部室のドアに貼れるサインを自作して持ち帰ってもらいました。

この体験を期に、今まで何となく目に入ってきていたサインが、思わず目に留まってしまうものへと変わったに違いありません。
来年は就職するようですが、職業選びの際に今回の体験が少しでも活かされると幸いです。

2018.10.27_2.jpg

社長

DATE : 2018.10.04
CATEGORY :

素焼きタイルのサイン

2018.10.4.jpg

見逃してしまうほど小さなサインを街中で見かけました。
外壁タイルと同じ幅で割付てあり、斜めにカットされた断面が文字の形になっているというもの。
見た感じでは素焼きのような風合いです。
各アルファベットの縦の長さが全て同じだと非常にわかりにくいサインと化す可能性が高いですが、
長さに変化をつけることで、BOOKなどは読みやすくなっています。
どのような法則かはわかりませんが、細かな拘りを感じる一品でした。

社長

DATE : 2018.08.29
CATEGORY :

逆立ちの亀

2018.8.29.jpg
区で管理されている公園ですが、かなりアクロバティックな亀による看板が設置されていました。
裏面はちゃんと亀のお腹になっていて、高輪土木事務所と刻まれています。

「亀塚だから逆立ちした亀にしよう!」と提案した人、「いいねー!」と許可出した人。
かなり盛り上がって進んだプロジェクトだったんだろうな~と想像してしまいます。
看板以外にも、公園名にちなんで亀の形をした遊具が幾つか置かれていました。

社長

DATE : 2018.08.23
CATEGORY :

苦肉の露出配管

2018.8.23.jpg
蛇口が3か所ある公園の水飲み場がエライことになってました。
こういったタイプの水飲み場の配管故障は修繕不能に陥ってしまうのでしょうか。
無理矢理に露出配管して頑張っている姿が面白かったです。
これはこれでオブジェ的な雰囲気があってアリかもしれませんね。
配管の色を変えたりすれば逆にお洒落かも。

社長

DATE : 2018.07.29
CATEGORY :

デザイン発見の旅

2018.7.29_1.jpg

弊社元相談役である小野博之がこのたびフォトブックを出版いたしました。
これまで「世界サイン紀行」シリーズとして7冊のフォトエッセー集を出版しましたが、本書はストリートファニチャーのデザイン集となります。

小野博之は世界中を巡り、行く先々で撮りためた写真にエッセーを加えて本として残すことを人生後半のライフワークとしていました。
しかし不治の病におかされてしまい、昨年11月に77歳でこの世を去りました。
闘病しながらも編集作業に没頭するほど力を注いでおりましたが、残念ながら完成した本を見ることは叶いませんでした。

これまでお世話になった方々へこの遺作をお贈りするために今準備を進めております。

社長

ページの先頭へ