Blog

カテゴリー
看板ウォッチング
会社のイベント
社長のコラム
旧ブログ アーカイブ
最近の記事
小さくて健気なサイン2019.04.17
ときわ台駅のレトロな看板2019.03.18
歩道橋に広告はいいのか2019.03.03
高校生の職場体験2019.02.21
展覧会への協賛2019.02.20
昔の会社案内発見!2019.02.03
壁に描かれた謎のサイン2018.12.17
創立記念日とボウリング?2018.12.03
能作の見学2018.11.27
生きている看板2018.11.26
アーカイブ

RSS

DATE : 2019.04.17
CATEGORY :

小さくて健気なサイン

2019.4.17.jpg
ゴミのポイ捨てを禁止するサインが道端に貼ってありました。
わざわざ表示するからには、実際の被害やポイ捨て常習犯がいるのでしょう。
よく見ると、その近くに小さなお地蔵さんの絵が描かれた石も置いてあります。
「ごみをすてないでね」と。
あまりにも小さいので、しゃがんで見なければわからないほどです。
小さいサインですが「もの凄い頑張って仕事しているなぁ」と思わず写真に納めてしまいました。

社長

DATE : 2019.03.18
CATEGORY :

ときわ台駅のレトロな看板

2019.3.18.jpg
通勤で利用している東武東上線に「ときわ台駅」があります。
高級住宅が多いエリアで、途中下車する用も普段はないのですが、先日たまたま利用したところ、駅舎がリニューアルされていました。
リニューアル前はどんな姿だったか記憶してませんが、昔の状態に復元されたようです。
柄の刻まれた大谷石で外壁が装飾され、結構レトロな雰囲気。古くからから住んでる方にとっては懐かしく感じることでしょう。
改札口の上の看板がいい雰囲気を出しています。また東上線の駅ではほぼ見ない自立式の看板もいい感じでした。
駅は良くなったのですが、駅前の雑居ビルの景観があまり良くない印象でした。

社長

DATE : 2019.03.03
CATEGORY :

歩道橋に広告はいいのか

2019.3.3.jpg
屋外広告の禁止されている場所として、橋梁などの公共設備はなかったでしょうか。
中国などでは高速道路の敷地内や橋げたなどに広告が表示されている光景を見たことがあります。
日本ではてっきり禁止区域にあたるものと思っていたので、この歩道橋の広告を見た時は思わず写真を撮ってしまいました。

そこで、埼玉県の屋外広告物条例を再確認。
『埼玉県屋外広告物条例のしおり』によると、禁止物件の⑴に橋(陸上橋、歩道橋を含む)と明記されています。
あれれ。
しかし勝手に表示している風ではないので、きっと何かの特例があるのでしょう。
ひょっとして歩道橋のネーミングライツ?と思い、調べてみるとありました。さいたま市で。
歩道橋1つあたり月額2万5千円以上で募集してます。

しかし写真のようなデザインだと、単なる宣伝広告のための媒体貸しスペースという印象がぬぐえません。
ネーミングライツと称した、さいたま市によるおきて破りのような印象を持ちました。
ネーミングライツとは名もない(本当はあるが)歩道橋などに付与するものではないと思うのは私だけでしょうか。

社長

DATE : 2019.02.21
CATEGORY :

高校生の職場体験

2019.2.21.jpg
昨日、一日限りの職場体験のために都立第四商業高校の生徒さん2名をお迎えしました。
まだ高校1年生ということですが、世の中にはいろんな会社があり、働く場を若い内に体験できる機会が少しでも多くあればいいなと思います。
自分の若いころは学校では勉強ばかりさせられ、社会のことを学ぶ機会が少なかった気がするので、授業として職場体験を取り入れることは非常に有効だと思います。

私自身も、働くことや会社とは何ぞや?ということを説明するために改めて思考を巡らせ、資料を作ったりと、いい経験ができました。
他に、サインのことを説明したり、実際に作ってもらったあとに、外へ出て街を観察してもらいました。
面白いのが、学生さんたちが今まであまり目に留めていなかったサインが、今日を境に急に注目せざるを得ない存在となってしまうこと。

将来、どのような道に進むのかはわかりませんが、何か心に残る体験が出来たならば幸いです。

社長

DATE : 2019.02.20
CATEGORY :

展覧会への協賛

2019.2.20.jpg
水戸芸術館現代美術センターから、昨年開催された「内藤礼」展覧会カタログが送られてきました。
この展覧会は日本を代表する現代芸術家である内藤礼さんの大規模な企画展でした。
展示室の多くに自然光を取り込んでいる美術館の特長を活かし、人工照明を一切使わずに作品を表現するという大変貴重な展覧会に、ご縁があって協賛させていただくことができました。
展覧会のお手伝いを通じ、内藤さんが生み出す空間にかなり長い時間浸ることができたことは、私にとっては本当に貴重な経験でした。
瀬戸内に浮かぶ豊島美術館にも是非是非訪れてみたいものです。

社長