Blog

カテゴリー
看板ウォッチング
会社のイベント
社長のコラム
旧ブログ アーカイブ
最近の記事
東京エクセレンスを応援します!2018.05.01
ビームスアウトドアの看板2018.03.22
杉玉かと思いきや蕎麦玉だった2018.02.16
ご当地カラーコーン2018.02.02
富士山世界遺産センターに行ってみた2018.01.30
ステンドグラスの小さな床屋サイン2017.12.22
ワンショット地球巡り2017.11.14
ご当地郵便ポスト つづき2017.11.14
函館のご当地郵便ポスト2017.10.07
巨大な広告要塞?2017.07.13
アーカイブ

RSS

DATE : 2018.05.01
CATEGORY :

東京エクセレンスを応援します!

2018.5.2_1.jpg
この度、東京システックはプロバスケットボールチームの『東京エクセレンス』とオフィシャルサプライヤー契約を結びました。
東京エクセレンスは当社が営業している地元板橋区のチームで、板橋区立小豆沢体育館をホームに活躍しています。
区民体育館では常設のサインを設置することが出来ないため、観戦に来るサポーターを出迎える稼働式スタンドサインをご提供させていただくことにしました。

サイン屋としての得意分野で、これからもチームをサポートできたらと思います。
今シーズン残るところあとわずかとなりましたが、精一杯応援させていただきます!


4/29の対大塚商会アルファーズ選、2回の延長の末惜しくも負けましたが、接戦でエキサイティングな展開でした。

2018.5.2_2.jpg

社長

DATE : 2017.06.06
CATEGORY :

ヒルティのアンカー講習会

2017.6.6.jpg
社内にヒルティの技術者をお招きしてアンカー講習会を実施しました。
4時間の講習を受けると認定証がもらえます。

ヒルティ製のアンカーの説明に加えてその正しい使用方法について学ぶもので、当社とパートナー会社を含め約20名ほどが講習会に参加しました。
アンカーにも用途によって幾つかの種類があり、その特徴と打ち方の説明は大変分かりやすいものでした。
実技では実際にアンカーの正しい打ち方も体験でき、知識として頭に入れたことを手ごたえで更に確実なものにできたのではないでしょうか。
普段現場で慣れている職人さんも、いつの間にか我流になっていたりするので、再確認にはちょうど良い機会となったかに思います。

社長

DATE : 2016.11.21
CATEGORY :

北豊島工業高校の生徒さん

2016.11.21_1.JPG当社の地元板橋にある北豊島工業高校からインターンシップの生徒さん2名を三日間お預かりました。
二年生ということで、これからの進路を考えるうえで、就労体験は貴重な経験となりますね。
当社は業態でいえばメジャーではない「看板屋」ですから、進んで選ばれる体験先ではないようです。
当社に来た生徒さんの専攻科目は通信系と電気系なので、思った先と違っていたかもしれませんね。
おまけに当社では作業らしい業務がほとんどなく、体験させられることが見当たらないのには苦労しました。
社内では社員のデスクワークの様子を横から観察してもらったり、切り文字制作の体験をしてもらいました。
あとは天気もよかったので課外授業です。
当社の施工事例を案内しながら、社長の小難しい話を聞いて過ごしてもらいました。
それにしても16歳の生徒さんにわかりやすく説明するのは結構コツがいるもので、こちらも良い経験となりました。

彼らが就職するときには、良い会社と出会うことができれば幸いに思います。

切り文字体験では好きな言葉を加工してもらいましたが、二人ともゲームキャラか何か。
イマドキって感じです。おじさんには全く??でした。
2016.11.21_2.JPG

社長

DATE : 2016.09.23
CATEGORY :

特別講習会の開催

2016.9.21-1.JPG社内で「足場の組立等作業従事者の特別教育」を開催しました。
今回は㈱杉考さんが運営する教育プログラムを利用させていただき、講師を派遣頂きました。
パートナー会社にもお声がけし、当社社員合わせて20名強の人が受講しました。
短い時間では隅々まで学習できませんが、事故例を通じて学ぶところ多しの3時間。
講師の方は足場のプロでしたが、主に建設現場でご活躍の方。
しかし我々がメインで使用する丸太足場にはめったに携わることがないとのこと。
ゼネコン現場では使用できません。
安全基準やマニュアルを設けにくいからでしょうか。
こうして考えると、丸太足場は他の足場と次元が違う気がします。
誰でも手順を踏めば扱えるというものではなく、命を張った職人技の世界。
単に手順やルールだけではくくれない、特殊な世界という印象を改めて持ちました。


社長

DATE : 2015.12.22
CATEGORY :

恒例のやまふる合宿

2015.12.22-2.jpg

ワカサギ釣りと同様に当社の恒例企画となりました「やまふる」、今年は社員13名という大人数で実施されました。
「やまふる」とは東京都が運営する奥多摩のキャンプ施設でして、正式名は「山のふるさと村」です。
そこのケビンを2棟借りて、自炊&酒盛りというメニューの一泊合宿でした。
更に、ビジターセンターでは陶芸、石アクセサリー作り、木工作、蕎麦打ちなどが格安で楽しめるということで、今回も一通り実施。
私などはもう5、6回目なので陶芸の腕はかなり上達しました。
この陶芸が忘れた頃に出来上がって送られてくるのですが、今回は力作なので非常に楽しみです。

社長

ページの先頭へ